富山県アルミ産業協会について

<<会員企業一覧へ戻る

 「(一社)富山県アルミ産業協会」は、「(一社)高岡アルミニウム懇話会」から会の創立50周年を節目に平成25年11月1日名称変更致しました。
 前身の「高岡アルミニウム懇話会」は、昭和39年2月8日に竹平政太郎(旧三協アルミ会長・初代会長)が発起人となり、富山県のアルミ総合産地化構想を実現するため地元アルミメーカーに結集を呼び掛け、十数社の参加を得て設立しました。
 その後、日本経済の成長とともに富山県のアルミ産業を大きく発展し、昭和55年には会員数が62社1組合まで増加。平成6年には任意団体から法人組織へと体制を一新しました。法人化を契機に産学官の連携による技術開発、人材育成、地元産業界への貢献と事業を進めてまいりました。
 平成25年4月1日に一般社団法人に移行、平成25年10月25日に創立50周年式典を挙行致しました。
 平成27年4月23日~25日に開催された国際見本市「富山県ものづくり見本市2015」(北陸新幹線開業記念事業)に、企画・展示を致しました。

PageTop